頭皮環境を整えて抜け毛対策をしよう|これ以上減らしたくない

メンズ

遺伝要素や疾病も原因に

頭を触る男性

薄毛になりやすい人がいますが、その特徴として親族に薄毛の人がいる場合や、糖尿病の人なども該当します。また薄毛は前兆が現れるので注意深く見守る必要があります。髪質が細くなったり、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌などです。

詳細へ

関連サイト

  • 抜け毛対策に有効な育毛剤を使い比べました

    抜け毛の対策で必要なのは育毛剤選びです。評判が紹介されているので、比較しながら絞り込みを行なっておこう。

発毛の基本は髪を守ること

髪の毛

髪を減らさないケアを

洗髪の本来の目的は、頭皮を清潔にして発毛環境を整えることにあります。毎日の洗髪後の抜け毛が安定している場合、急激に髪が薄くなることはまずありません。老化の影響で少しずつ減ってはいきますが、これは仕方のないことなのです。老化以外の薄毛の場合は、自覚症状として抜け毛が増えることがありますから、毎日洗髪をしていれば簡単に気づくことができるでしょう。発毛クリニックの医師ですら、最善の発毛対策は髪を減らさないケアだと言います。フサフサのボリュームを維持できれば、髪を増やすための対策など必要ないでしょう。医療の世界でも予防医学が発達しているように、悪くならないように対策することが最大の治療となりえるのです。まだ髪が多いときから、減らさないために育毛シャンプーを使うなどのケアをしておきましょう。

頭皮の状態を知るためには

抜け毛が増えてきたときは、発毛クリニックで頭皮診断を受ければ原因がすぐにわかります。抜け毛の原因は、体の内にあるか外にあるかで大別されますから、ここを知っておくだけでも対策はぐっと楽になります。間違った対策に時間をかけることは、時間と労力を両方ムダにしてしまうのです。クリニックに行くのは抵抗があるという方は、育毛サロンやヘッドスパでアドバイスを受けるといいでしょう。ヘッドスパは無理な勧誘をしてこないので、抜け毛対策をする前に頭皮状態を知る方法として利用しておくといいです。プロの客観的アドバイスを受けておくことは、今後の対策でも大いに役立ちます。頭皮状態に問題がない場合は、食生活、睡眠、その他生活習慣などについて聞かれることがあります。

特徴と期間と注意点

先生

aga治療で処方されるプロペシアは頭頂部にも生え際にも発毛効果があります。ミノキシジルは特に頭頂部で効果を発揮します。治療期間としては半年から1年は必要です。注意点もあります。必ず病院で処方される薬を使うことです。

詳細へ

頭髪の悩み

ネクタイを触る人

男女ともに、ストレスや生活習慣の乱れなどが原因で薄毛に悩む人は多いです。睡眠時間を適度に確保し、食事をしっかり摂って髪に栄養を与えましょう。豆類や魚などからたんぱく質を摂り、ビタミンやミネラルも十分に取り入れてください。

詳細へ