頭皮環境を整えて抜け毛対策をしよう|これ以上減らしたくない

男の人

遺伝要素や疾病も原因に

頭を触る男性

特徴を知って予防

複合的な要因で薄毛は起こることが多いですが、一般的にいわゆるハゲやすいと言われる特徴を持つ人もいます。薄毛になりやすい人の特徴として挙げられるのが、まず1つ目に親など親族に薄毛の人がいる家系です。遺伝的な要因に関しては完全に解明できていませんが、男性ホルモンの分泌量や遺伝子配列が影響します。例えばアンドロゲンレセプターはDHTと結びつくことで薄毛を進行させます。そしてこのアンドロゲンレセプターの感受性は親から子に遺伝することが判明しています。また糖尿病の人も薄毛になりやすい特徴があります。糖尿病は血管の病気であり、頭皮の血流にも悪影響を与えます。そのため発毛組織の成長阻害が起こり、抜け毛が増えるなどの症状が起こりやすくなるのです。

前兆に気をつける

多くの薄毛は何らかの前兆が現れ始めてから、症状が進行していきます。そのため何らかの前兆を見つけた場合は、特にヘアケアを気にする必要があります。一般的に薄毛の前兆としてよく見られるのが、髪質が細くなることです。クシを通した時や洗髪後など、髪の毛が薄いと感じ場合は症状が進行している可能性があるので要注意です。髪質が細くなること以外にも、抜け毛が普段より多くなる兆候も、薄毛の前兆の可能性があります。元々人間の頭髪は6年を1サイクルとして生え変わっています。そのため適量の抜け毛は全く問題ないですが、その量が多い場合は気をつけることです。他にも頭皮の乾燥気味になったり、逆に皮脂が過剰に分泌される場合も薄毛の兆候の可能性があるので、注意深く見守るようにします。